日本の野鯉釣りの情報誌として長いあいだ野鯉ファンに親しまれてきた【大ゴイ倶楽部】が廃刊となった。
1995年の11月に、別冊フッシング第28号として廣済堂出版より初刊が発行されて以来、実に20年もの永きに亘り、野鯉釣り専門誌として野鯉釣り界を牽引してきた。
その功績を讃へ惜しむと供に、これまでの足跡を辿ってみたい。
 
| main | 大ゴイクラブ1996号 >>
【大ゴイ倶楽部】の足跡を辿る-初刊1995年号
0
    ここに本文を記入してください。
    日本の野鯉釣りの情報誌として長いあいだ野鯉ファンに親しまれてきた【大ゴイ倶楽部】が廃刊となった。
    1995年の11月に、別冊フッシング第28号として廣済堂出版より初刊が発行されて以来、実に20年もの永きに亘り、野鯉釣り専門誌として野鯉釣り界を牽引してきた。
    その功績を讃へ惜しむと供に、これまでの足跡を辿ってみたい。
    第1号 1995年11月1日発行 変形A4版 146頁 定価1600円 株式会社 廣済堂出版
    発行人 櫻井道弘
    編集長 上杉氏
    編集員 石垣氏
     それまで野鯉釣りの記事を良く扱っていたのは総合誌である月刊【フィッシング】誌であったが、バブル終焉と供に総合誌の廃刊が相次ぎ、フィッシング誌も余儀なくされた。
    それまで野鯉釣りの専門誌というのは無く、初刊発行に際しても総合誌の月刊【フッシング】誌廃刊に際し、要望の高かった野鯉ファンの声を受けて1回限りの別冊として刊行された。
     野鯉釣りを担当していた上杉氏が編集長となり、後に鯉釣りマガジンを発行した石垣氏も加わって発行された初刊は、全国の野鯉ファンに大いにインパクトを与えた。
     1993年に全国鯉釣り協会が発足して以来、全国で鯉釣り大会が開かれるようになり、全国で加速的に野鯉釣りクラブが増加していたタイミングと相俟って、【大ゴイ倶楽部】は一気に野鯉ファンのバイブルとなった。
     最初の特集記事は、大鯉フィーバーに湧いた開拓間もない北浦であった。
    メーターオーバーマップをはじめ、ビッグワンの記録や攻略法・ドキュメントなどを、北浦フィーバーの先駆者坂入氏をはじめ多くの釣り人が記事を寄せている。
     そして、巻頭カラーグラビアを飾ったのは、野生ゴイ研究クラブの山田氏の野鯉一本勝負であった。ホームグラウンドである芦ノ湖を舞台に、過去の思い出などを交えながら、エサや仕掛けなどの紹介をしている。
     また、野鯉だけではなく青魚やレンギョ・ソウギョといった淡水大魚の記事も紹介し、まさに盛り沢山の豊富な内容であった。
    私も、全国巨鯉釣場ガイドに木曽三川を紹介している。

    <目次>
    カラードキュメント
    山田勲−野ゴイ一本勝負
    利根川長豊橋賛歌−渡辺信一の青魚154cm&コイ100cm
    大江戸鯉道楽−夏は夜釣り&キャンプ
    多摩川釣り紀行
    北浦コイフィーバー仕掛け人−坂入一敏の挑戦
    草魚!遊弋す…
    愛車&グッズアイデア自慢
    黒川毅、北浦東岸を攻める
    いんたびゅうるうむ☆この人に聞きたい−竹沼野鯉会 関口文彦

    特集☆北浦大研究 メーターオーバー続々…大ゴイたちの湖から…
     わがビッグワンの記録
     大ゴイポイント早わかり-北浦メーターオーバーマップ
    巨ゴイ攻略法
    メーター級のメッカ白浜〜宇崎−坂入一敏
     続・乗っこみの不調は赤虫で…−平野秀夫
     蔵川は実績のある一級ポイントだ−本橋芳美
     新ポイントを探る東岸・居合−道下勝美
     大ものの棲み家“乱杭”まわり−堀正裕
    北浦ドキュメント
    雨の白浜5号機場−塚原正雄
     水温12度C、春の荒食いの前に…−川村富幸
    メーターに5ミリ足りない−木暮孝義
    地元派は、今日ダメなら明日釣る

    ★ コイ釣り入門編★
    必ず釣れる!ビギナーのための大ゴイ釣り−尾形昌文
    鯉釣り 無線発信機のD・I・Y−熱田光弘

    ■ 淡水大魚−青魚、草魚、レンギョ
    青魚
     私の記録魚157cm−板橋彰
     江戸川の巨大魚、青魚を求めて−西崎昇
    草魚
     攻めの釣りと流し釣りでメーター超を−呑口仁
    レンギョ
     レンギョの釣り方−坂入一敏
     ぶっ込み釣りでレンギョ−鳥養孝由

    Carp Fishing Club
    濃尾野鯉会、近江巨鯉会、竹沼野鯉会、野生ゴイ研究クラブ、霞ヶ浦鯉夢路会、FC跳龍門、関東鯉恋会、
    幻大魚釣楽会、小岩FFC、武蔵野巨鯉釣会、淡水大魚研究会

    <随想>釣れづれ鯉−笠岡庸志

    全国巨鯉釣場ガイド
    秋田・八郎潟−槙口健也、宮城・阿武隈川−尾形昌文、
    茨城・霞ヶ浦−矢作忍、千葉・利根川−吉田実
    東京・江戸川−小林尚也、埼玉・荒川−高野明夫、
    東京・多摩川-大江勉、神奈川・相模川−前場健二朗
    神奈川・津久井湖−尾坂貴、神奈川・芦ノ湖−川野秀和、
    群馬・榛名湖−阿久津孝雄、長野・野尻湖−若林幸雄
    長野・木崎湖−今井匡行、石川・河北潟−浦健二、
    滋賀・琵琶湖−木村元一、三重・宮川−溝川友次
    愛知・木曽三川−高橋冨士夫、

    コイのリリースを考える−池島滋一
    巨鯉の科学的データ−長岡寛
    丸干し乾燥芋の保存法−速水康広
    配合餌の作り方−五十嵐丈二
    マルキュー全国鯉釣りダービー
    【2015.01.29 Thursday 17:00】 author : koiken5
    | 大ゴイ倶楽部の足跡を辿る | comments(0) | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする